えいえいおー

元証券マンが梅田界隈でランチや日常の事を書きなぶってます

元証券マンの独り言 

 

お久しぶりです。

相変わらず相場はひどいです。

ウクライナ問題、インフレ、利上げ、増税と今年に入って約半年何も解決どころか泥沼化しています。

特にアメリカのハイパーグロース株については半値どころの騒ぎじゃないですね。逆テンバーガーのオンパレード…

この半年で撤退した人もかなりいらっしゃると思います。

今年の投資は大型株のヒットアンドウェイが今のところ正解になっています。

 

先週あたりからアメリカのハイパーグロース株にいくつかいい変化は出てきています。

①底割れしにくくなってきた

連休明けに大量に売り崩されてからは戻ってきてる銘柄が増えてきている

②決算後の動きに変化

連休明けまで決算でたら良かろうが悪かろうが売られていたが決算後時間外で20%下げてても決算翌日の終値は意外に戻ってる銘柄が増えてきた。

③株に興味ない人がかなり下がってる事を認識し始めた

周りは私が証券会社で働いていたのを知ってるので気を使ってか最近下げてるけど大変ちゃう?と声をかけてくれる人が増えた気がします。逆指標という意味では意外にいい目安にはなります。

 

逆指標では証券マンの声も聞きたくないとか証券マンが何にもできませんわって言ったら間違いなく買い場ですね😄後はマスコミが株が暴落してるとあちこちで言い出した時

 

話それましたが今は年明けからのナスダック、ダウについて下げ過ぎからの反発の状態で下げトレンドは継続中なので注意は必要です。

 

余談ですが今回の下げはテレビで怖いくらい株が下がっている事を言わないんですよね。

3ヶ月ごとに公表されている年金運用とか12月末3月末時点で何兆円目減りしたとか全然言われません。

これも岸田政権には優しいマスコミ効果とも言われてます。

 

日本株については選挙が控えてる事から国策銘柄がしっかりしています。

後は中型小型の当て物相場にはなってる感じです。

個人的には短期的にそろそろかなとみてるハイテク、インバウンド系銘柄が面白そうです。

 

眠れないのでなんとなく書きなぶっただけなので何を書きたかったかわからない内容になってしまい申し訳ありません

免責事項
情報の正確性や完全性を保証するものではありません。紹介する銘柄への投資を推奨・助言等するものでもありません。また、将来の成果等を示唆または保証するものではありません。読者の皆様が当ブログの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。